FC2ブログ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://bazzn6541.blog.fc2.com/tb.php/93-fd2cfe95

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

人々が集う白い墓標。

アーグラに到着後、宿で情報収集したところ釣り場のある川へ行く電車は
ちょうどインドの夏休みと被っており、席がないという。

そこで旅行代理店へと相談しに行くことにした。
陸路がないなら空路。
早く釣りがしたくて気が焦っていた僕はかなり高額だが、勝負を賭けるため
空路のルートを選択した。

とりあえずチケットはおさえることは出来た。
明日は観光にでもいこう。

暑い。頭がクラクラする。
なんだろう、この暑さは?
ブラジルの赤道直下の町では暑くても耐えれる暑さなのだが、
ここの暑さはどうにも体に合わないのか体調を崩してしまう。


翌日そんな状態で、かの有名なタージマハルを見に行った。

まずは近くにあるベビータージへ。

インド釣り旅 603duhi

インド釣り旅 646jiophhii

インド釣り旅 607fhhi

タージマハルの入場券は750ルピーだが、この券でその日のうちなら
アーグラ城などの他のスポットも回ることが出来る。
だが僕は体調を崩していたので、そんな余裕はなかった。
それだけではないが、その理由は後述するとしよう。

入場前には空港と同じ荷物検査があり、それを通過してようやく中に入ることが出来る。
少し歩くことになるが、茶色の門のような建物をくぐるとようやく現れた。

インド釣り旅 639nbihkjhi

タージマハルである。

インド釣り旅 672djhi

あぁ・・見えた。大きいな。
これがタージマハルか・・。
白く儚く、朧気に見える。
確かにこれは墓だ。

インド釣り旅 622bkjhi


中に入るには入場時に渡された靴カバーを履いて入る。

インド釣り旅 685djhi

タージの入り口は日陰になり冷んやりして気持ちよかった。
しばらく休憩し、一通り中を回ると出口(つまり反対側)では
寝ている人や座り込んでいる人がたくさんいた。

インド釣り旅 632tfhi

やはり自分にとって観光名所巡りは大した意味もないのかも知れない。
これは体調の所為ではない。
バラナシでも同じことを思った。
一人でまわるので余計にそう感じるのだろう。

そして観光名所は観光客しかいないので何も起きない。
これは非常に重要で何かが起こるからこそ物語が加速し、
自分だけの物語が展開されていくのである。

だが危険と隣り合わせなのでそこは自己判断であり、
何が起きても自己責任なことは付け加えておく。
こうやって現に大金騙し取られた僕が言ってるので間違いない笑

パスポートのスタンプラリーと同じく、海外に出るのは目的ありきなので
自分にとって観光地をまわることにあまり魅力を感じないのかもしれない。
これからどこか違う国に行く機会があっても自分からすすんでは行かないであろう。

嗚呼、早く奥地で釣りがしたい。

儚く白い墓に眠る人よ。これからも人々はガヤガヤと賑わし、
静かに眠らせてはくれないのだろう。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://bazzn6541.blog.fc2.com/tb.php/93-fd2cfe95

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

drop

Author:drop
AQUA TRIPPER(アクアトリッパー)
夢を追いかけ、遂に実現!!
そこで得たことを書き綴っていきます。

管理人の連絡先
aquatripper@gmail.com

Facebook:https://www.facebook.com/#!/konishi.tatsuya.3?fref=ts
Twitter:drop @aquatripper
Instagram:DROP_AQUTRI

カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

~釣り旅動画集~

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。