FC2ブログ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://bazzn6541.blog.fc2.com/tb.php/58-4be21060

トラックバック

コメント

[C41] はじめまして

TERUさんのブログからきました。

2010の11月にマナウスからワットマン川でアスーを釣りに行きました。

とても懐かしいです。

ちなみに、5日間で代金いくらくらいでした?
私は、二人で行きましたが、1日一人1万くらい支払いました。
ほんと、ガソリンが高かった!

ブログ更新楽しみにしてます。
  • 2012-02-05 18:08
  • りゅう
  • URL
  • 編集

[C42] >りゅうさん

はじめまして、りゅうさん。
ワットマン川ですか!

そこにも行っていますが、その時は半額以下・・いやもっと安かったような・・。

その代わりカノアでの釣りで、現地のペスカドールへ直接交渉です。
でも僕には身の丈にあってるんで何の不満もなかったですよ♪

この川については1万までは行ってませんがそれなりに高かったです・・。
アルミボートでエンジンですしね・・。

申し訳ありませんが、正確な金額はお教え出来ません。ご了承ください。

ありがとうございます!まだまだ釣り旅続きますので、ご期待に応えれるよう頑張りますね♪
  • 2012-02-06 01:00
  • drop
  • URL
  • 編集

[C47] DROPさん

どうも、ありがとう。

十分です。

現地のペスカドールに夜、ツクナレ突きに行こうって!誘われましたが、断りました。

行けばよかったかな?
  • 2012-02-07 20:05
  • りゅう
  • URL
  • 編集

[C48] >りゅうさん

察して頂けて、幸いです。

わざわざ書くのもなんですが、釣り旅なので釣りの内容や細かな使用金額は二の次なんです・・。

ただの釣りなら使用ルアーやある程度の場所は記載しますが、どうも違う解釈されている方が多いようですね。

3ヶ月必死で自分の力で探した釣り旅です。当然お教え出来ること、出来かねないことがあります。

それに先人の方々が多数おられるのにその方々を差し置いて僕如きが語れるなんて思っていません。

先人の方々は尊敬している方が大勢いますので。

また冒頭にも記載している通り、僕が経験したことしか書かないつもりです・・・。

りゅうさん、申し訳ありません。
少し話しが脱線してしまいましたね。

夜のペスカドールの誘い受けるべきですよ♪実は僕も誘われたんです笑

結局話しが流れちゃったんですが笑

また早くアマゾンに行きたいものです!
  • 2012-02-07 22:35
  • drop
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

見えているのに辿り着かない宿

世界的に有名な淡水ルアーでのターゲットってなんだろう?

恐らく大半の人は答える。
ピーコックバスと。

でもそんなの一部東南アジアやハワイにもいるじゃないか!!

確かにそうです。

しかしピーコックバスことツクナレは大雑把に大きく分けて2種類います。

簡単に言えば、大きくなる種と、普通サイズまでの2種。
(ややこしいのでフォーゴ、プラナルト・ブラジレイロ系などは割愛しますね)

アマゾン以外でもいるのは普通種。
それでもブラックバスと比べれば充分強い魚です。

そして逆にアマゾンしかいないのが大型種。

そう。幾度となく名を挙げてきた巨大種ツクナレ・アスーです。

アマゾンのスーパースターと言っても過言ではない。

その引きは釣り人の心を鷲掴みにして離さない。
そのジャンプは釣り人の眼に焼き付ける。
その魚体の美しさは釣り人に
大きな感動を与える・・。



では・・お待たせしました。


南米釣り旅・最終章!!
ツクナレ・アスー編のスタートです。




マナウスを出て既に3時間。
景色は変わらない。

ギリギリまでマナウスには帰らないぞ!!
そう強く思うも、やはり不安はある・・。

いくつか町を越えて、バスが停まった。
どうやら食事休憩みたいだ。

「ジャポネース!ここだぞ!」

えっ??マジで??

「ここから川は近いの??
歩いていける??」

今までとは違う。
バックパックを担いで釣り場まで行かなくてはならない。

「あぁ!近いぞ!歩いてすぐだ!」

上り坂

少し歩き、道路奥の上り坂を指差す。

「あれが橋だからあの下が川だ!」

おぉ!!そうなのか!!
「ありがとう!!」

到着

バスは食事休憩を終えて、出て行った。

もう前進あるのみだ。

外は灼熱。本当に暑い・・。
どのくらい暑いのかと言うと・・。

42℃笑

42℃・・笑

日本の真夏で37℃で灼熱とか言ってたのが、涼しく感じる笑
マジで焦げる笑
とにかく水分補給は要るな。
近くの店でジュースだけ買って橋に向かい、歩いた。

橋までは割りとすぐに来れた。
ここか・・。

橋

ここにツクナレ・アスーが生息しているんだよなぁ・・。

少し歩くと目的の建物を見つけた。

あった・・。
よかった!けど遠いな・・。
仕方ない。歩くか。

道

川沿いに行けば出てくるはず!!
もう少しだ!!

はぁはぁはぁ・・。
いつの間にか水分も残り僅か・・。

よし。この道をあと少しで見えるはずだ。

・・・・。
行き止まり。


いやいや!!手前に2つ分かれ道があったからそこで曲がったらいいんだ!!

川には出た。
しかしそこで見た光景は想定外の光景だった。

川と宿

宿が・・・浮いてる・・?

遠目で見たときは岸に引っ付いていて、車の通る道があると思ったのに
完全に水の上に浮いている・・。

もうダメだ・・。
いやいや!諦めるな!きっとまだどこかに道がある!
手前の分かれ道に戻っていけばきっと・・。

重さ×灼熱×先の見えない距離・・・。
どんどん圧し掛かる・・。
かなり歩いた。
分かれ道に入り、肩で息しながら少しずつ進む・・。
しかし道は川から反れてどんどんジャングルの方へ・・。

流石におかしい。
近くの民家があったので訊いてみる。

「・・・はぁはぁはぁ・・すいません・・
この近くに川岸にある宿ってないですか・・?」


「こっちの道にはないねぇ。大きい道に戻った方がいいんじゃないかい?」

マジですか・・??
今来た道をまた戻れと・・??

幾ら帽子を被っていても汗は止まらない。
疲れも溜まり、頭もガンガンする・・。


もうその場に倒れそうになった・・。

その時!!

ブルルルル!!!!

!!!!


ちょ!!ちょいちょいちょい!!
ちょっと待ちなって!!

バイクが目の前を通りすぎようとしているところを停まってもらった。

「突然すいません・・。もし宜しければ川岸近くの宿まで連れていってもらえませんか?」
無茶なお願いということは百も承知だ。

だが・・「あぁ!いいよ!しかし乗れるかい?」
快く受けてくれるんだ。

「ありがとうございます!!!」

バックパックを担ぎ直し、バイクの後部座席へ!
・・めっちゃ怖い・・。

少しの段差で転げ落ちそうになる・・。

さっきの川岸だ・・。
「ここは違うよ!ここからじゃ行けないんだ・・。」

そういうと、同時に目に入ったのが、
カノアを置いて釣りをしている子供が2人!!
さっきはいなかったのに・・。

バイクのおじさんは何か子供に言っている。

「ジャポネース!この子が宿まで漕いでくれるってさ!!」

どうやら頼んでくれたみたいだ!

うぉぉぉぉ!!やったぁぁぁ!!
ようやく宿までの道が繋がったよ!!


早速カノアに乗り込み。
宿まで漕いでもらった。

すると宿の人が出てきた。

まずは子供に漕いでくれたお礼にとルアーを2つあげた。

そして宿の人に直談判!!

「日本からツクナレ・アスーが釣りたくて
ここまでバスでこの町に来て歩いて来ました!!」


「どうか釣りに連れていってください!!」

「町から歩いてきたのか??その荷物担いで??」
この人はサンドラ。見た目は怖そうだけどとても大らかで優しい人だった。
そしていつも笑かせてくれた!


そしてこれまで釣ってきた魚の画像を見せる。
「面白いな!ジャポネース!2ヶ月半も一人で釣りしてきたのか!」

「だがガソリン代が今高くてね。ちょっと金額は高いぞ?」

しかしその金額はツアーで聞いた料金よりも遥かに安かった。
きっとツアーだからいろいろ金も取ってるんだろう。

それでも僕にとっては高かった・・。
けどこれまでいろんな人達と交渉し、釣りしてきた。

もう交渉には自信もあった。

そして見事4泊5日の釣りが交渉成立!!
宿はお金が掛かるのでハンモックで寝ます。そうまで言ったんだ!


「ここではこんなのが釣れるぞ♪」

見事なアスーやパッカの写真。それもデカイ!!
やっぱり間違ってなかったんだ!!自分の直感を信じてよかった!

「けどすぐには釣れないさ。皆2、3日掛けて釣ってるからな!」

宿

「じゃあ今から行ってくるといい。おい!ファゼェンニョ!!」

宿2

そういうと一人の男が出てきた。
ボートの操船をしてくれるらしい。
まずはガソリンを買いに町へ行くみたいだ。

川2

橋の下

さっきまでこの上歩いてたんだよな・・。

ボート

いよいよ釣りに行けるぞ!
ファゼェンニョは竿を持っていない。糸もない。
つまりポイントまでの操船のみ。

ここからアスーまで辿り着くのは僕次第ということだ。

さっきまで歩いて疲れ果てていたのに、
もう釣りがしたくて身体がウズウズしている!!

バウ


待ってろアスー!!必ず釣ってやるからな!!
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://bazzn6541.blog.fc2.com/tb.php/58-4be21060

トラックバック

コメント

[C41] はじめまして

TERUさんのブログからきました。

2010の11月にマナウスからワットマン川でアスーを釣りに行きました。

とても懐かしいです。

ちなみに、5日間で代金いくらくらいでした?
私は、二人で行きましたが、1日一人1万くらい支払いました。
ほんと、ガソリンが高かった!

ブログ更新楽しみにしてます。
  • 2012-02-05 18:08
  • りゅう
  • URL
  • 編集

[C42] >りゅうさん

はじめまして、りゅうさん。
ワットマン川ですか!

そこにも行っていますが、その時は半額以下・・いやもっと安かったような・・。

その代わりカノアでの釣りで、現地のペスカドールへ直接交渉です。
でも僕には身の丈にあってるんで何の不満もなかったですよ♪

この川については1万までは行ってませんがそれなりに高かったです・・。
アルミボートでエンジンですしね・・。

申し訳ありませんが、正確な金額はお教え出来ません。ご了承ください。

ありがとうございます!まだまだ釣り旅続きますので、ご期待に応えれるよう頑張りますね♪
  • 2012-02-06 01:00
  • drop
  • URL
  • 編集

[C47] DROPさん

どうも、ありがとう。

十分です。

現地のペスカドールに夜、ツクナレ突きに行こうって!誘われましたが、断りました。

行けばよかったかな?
  • 2012-02-07 20:05
  • りゅう
  • URL
  • 編集

[C48] >りゅうさん

察して頂けて、幸いです。

わざわざ書くのもなんですが、釣り旅なので釣りの内容や細かな使用金額は二の次なんです・・。

ただの釣りなら使用ルアーやある程度の場所は記載しますが、どうも違う解釈されている方が多いようですね。

3ヶ月必死で自分の力で探した釣り旅です。当然お教え出来ること、出来かねないことがあります。

それに先人の方々が多数おられるのにその方々を差し置いて僕如きが語れるなんて思っていません。

先人の方々は尊敬している方が大勢いますので。

また冒頭にも記載している通り、僕が経験したことしか書かないつもりです・・・。

りゅうさん、申し訳ありません。
少し話しが脱線してしまいましたね。

夜のペスカドールの誘い受けるべきですよ♪実は僕も誘われたんです笑

結局話しが流れちゃったんですが笑

また早くアマゾンに行きたいものです!
  • 2012-02-07 22:35
  • drop
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

drop

Author:drop
AQUA TRIPPER(アクアトリッパー)
夢を追いかけ、遂に実現!!
そこで得たことを書き綴っていきます。

管理人の連絡先
aquatripper@gmail.com

Facebook:https://www.facebook.com/#!/konishi.tatsuya.3?fref=ts
Twitter:drop @aquatripper
Instagram:DROP_AQUTRI

カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

~釣り旅動画集~

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。