FC2ブログ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://bazzn6541.blog.fc2.com/tb.php/46-db09837b

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

スリナム入国。

これからスリナムへ入るんだ!!
この国には大きな湖沼がいくつかある。
恐らくそこには珍しい魚もいるのだろう。

しかし全く未知の国。
何が待っているのやら??


では本編です。


イミグレ

事前に「イミグレへ寄ってくれ」と運転手に言っておくと
寄ってくれる。

この時ついでに「川へ渡る知り合いの船頭を紹介してくれ!」とも言っておく。

船頭

この人が知り合いらしい・・。
正直怖いと思った笑
けど臆してはダメだ。

しかしこの国は特に危ないと聞いていたので警戒していた。

荷物は自分の横。
仮にナイフでも出して脅してきたら盾として使おう!!
もうトコトン信用しないでおこうと思っていたのだけど・・。

その黒人は水につけていた網を揚げ始めていた。

な、なんだ!?

あっ!!クプープレコじゃないか!!


南米に来て幾度か泳いでいるのも見たもののあまりの逃げ足に捕まえることどころか
写真を撮ることも叶わなかった・・。

プレコ

「写真撮っていいかな?」
もう何に警戒していたのかも忘れて、ただ夢中で写真を撮りまくる。

プレコ丼(特盛)

プレコ丼(特盛)笑

どんだけ詰めるんだというぐらいぎゅうぎゅうに押し込んだプレコを
置いて、ちょっとバケツ取ってくると言い出す。
そしてどこかへ行った。

しばらくするとバケツに水を入れてプレコたちをその中へ。
バケツで泳ぐプレコたち♪

・・・思わず和んだ笑

なんだ。いい人じゃないか!
人は見た目で判断してはいけないとか言うが半分は合ってるということで。

ほんの10分ほど走ると対岸へ。

着いた!スリナムだ!

ここスリナムはオランダ語が公用語だけど、皆英語が通じる。

イミグレ2

イミグレへ案内してもらい、入国スタンプを貰う。

「首都パラマリボへ行く知り合いのタクシーっている?」
と訊くと案内して紹介してくれた。

国境の町アルビーナではバスはない。
よってタクシーを利用せざる得ない・・。

タクシー内

「あと2人集まったら出発するから待っててくれ!」
そう言われ、待つことに。

スリナム国境で有名な砂浜。
ここでは舟が着いた途端、黒人たちがワラワラと乗り込み、荷物を勝手に持って
俺のタクシーは安全だ!と言いながらタクシーへ荷物を放り込んでしまう。
中にはそのまま走り去ってしまったり・・まぁ泥棒ですよね笑

こんな話しをネット上で幾つか見つけたが、要は客集め。

同じガソリンを使うのだから、一人でも多く乗せた方がいい。
まさに客の取り合い。
それが激化したのが、この状態ということか。

つまり知り合い経由で行けば、客なんだから断る理由もないし、実にスムーズに事が進む。

荷物を持ち去られ、苦笑いでタクシーへ乗り込む旅行者を見ながら、
ふと違和感に気付いた。

あれ?

この車って右ハンドル??
そういう国なのかな?

いぷ~

因みに今シートに座っている車はトヨタのイプサムだ。

ETC~

ん??
何故ETCが付いているんだ?


というかこの国高速なんてないだろ??
しかも線抜けてる・・。

ふと周りの車を見る。

イプサムたくさん

!!!!!!

イプサム、イプサム、ノア、イプサム、ノア、イプサム・・・
圧倒的なトヨタ率・・。

福岡

!!!!
ビスタ福岡。


もう確信した。

これ全部盗難車だよ・・・。

えぇ

中には駐車許可のステッカーが貼ってあるままの車も。

しかも2010年モデルなど比較的新しいのも混じっている・・。
恐らくこの国の人たちはそんなこと知りもしないだろう。
きっと中古車屋で激安価格で売られているに違いない・・。

2時間ぐらい待つと人が集まり、出発!
全員黒人。それもレゲエ好きな野郎ばかり笑

超絶悪路を巧みなハンドル捌きで避けて100㎞をキープしたまま、ひた走る。

砂浜での光景を見る限り、1モデル古いイプサムとノアがもっとも多く。
外装より内装を変えている車を多く見掛けた。

理由は簡単。
超絶悪路を走るのに、外装は不要以外何物でもないから。
他の国は知りません。
スリナムに限っての話しです。

途中、両替所へ寄ってもらう。

パラマリボに入る前の橋

パラマリボに入るにはこの橋を越える。

スリナム!

スリナムの国旗が風で揺れる。

カジノ

この国にはカジノもある。

泊まる所は決めていた。Twenty4という宿だけど。
問題はバックパッカーに大人気。

予約せず飛び込みで行けるのかな・・。
・・・案の定満室だよ。
そこはトロピカルな内装でとても居心地良さそうだった・・。

どうしよう・・。宿ここしか見てなかった・・。
各地を転々と見てまわるが何処も高いところばかり・・。

走り回っているとようやく見つけた中華風の宿。
名前が胡散臭いが仕方ないや。

タクシーの客

タクシー運転手デリス

一緒に探し回ってくれた二人にお礼を言い、記念に写真を撮った。
勿論周囲は最大限警戒して撮ったよ。

デリスタクシー

「俺の名前はデリスだ!これは俺の名刺だ。
またタクシーを使うことがあったら連絡してくれ!」

ぼったくりが当たり前。脅されることもあると思っていたが、
距離を考えると割と良心的な値段だった。

宿へ入る。
そこは鉄檻の二重ドアになっており、監視カメラがフロントに2台、
階段に1台、計3台設置してあった。

凄い防犯対策だな・・。

フロントのおばさんが言ってくれた一言が
この国の本当の怖さを物語った。

「何があっても夜は絶対一人で
歩いちゃいけないよ!!」
「50m先に行きたいなら必ずタクシーを使いな!」


コワっ

・・・・。
ここは首都パラマリボ。

どんな犯罪があるのか分からない。
ただ本当の怖さを思い知らされるのは翌日からだった・・・。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://bazzn6541.blog.fc2.com/tb.php/46-db09837b

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

drop

Author:drop
AQUA TRIPPER(アクアトリッパー)
夢を追いかけ、遂に実現!!
そこで得たことを書き綴っていきます。

管理人の連絡先
aquatripper@gmail.com

Facebook:https://www.facebook.com/#!/konishi.tatsuya.3?fref=ts
Twitter:drop @aquatripper
Instagram:DROP_AQUTRI

カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

~釣り旅動画集~

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。