FC2ブログ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://bazzn6541.blog.fc2.com/tb.php/41-69411335

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

これからのルートについて

例えば日本で釣りをする。

この魚は何県の何川にいてる。
交通手段はこうだ。

今や情報はネットでいくらでも出てくる。
そして魚のいる現地でこのルアーがどう・・、釣り方がどう・・、
このアクションがどう・・。このカラーが・・。

そして何cm釣った・・。

・・・。
アマゾンでは一切通用しない。
まず釣り場に辿り付けるか?という所からスタートとなる。
情報など全くない。
ならフィッシングツアーやガイドを雇えばいい。
それもそうだ。お金があれば・・。
それにそれは釣らせてもらったに過ぎない・・。

自分で一から特定の魚を見つけることが如何に難しいのか?



だからこそ釣り旅は面白い。
そして自由こそがもっとも難しい。



では本編です。



旗

ここはブラジルの国境のある町だ!!

国境の橋

ブラジルとフレンチギアナの国境を結ぶ橋。
しかし人はおろか、車が走ることはない。何のための橋なんだろうか・・?

船


この町には近くに大きな河が流れている。

消防署

まずは情報収集だね!!

ペスカドールを始め、船の近くにいる人に手当たり次第訊く!!

「アマパタライロンという魚を知っていますか??」

「あぁ、知っているよ!タライロンだろ?」
「デカイのがここにはいるぞ!!」

口々に嬉しい答えが返ってきたよ!!

遂に、遂に見つけたぞ!!

ここがそうなんだ!!

しかし船を出してもらえるか訊くと・・・
「すまない。出せないんだ。」
「他を当たってくれ。」

そんな・・。ここまで来て釣り出来ないのか・・・。
その理由はこの場所。
国境をまたぐこの河は規制が厳しい・・。

「ジャポネースか!俺が上流へ行ってやるよ!」
「ただし俺は戻ってくる。一人で釣りしててくれ。」
「夕方になったら戻ってやるよ。」

どんなポイントか分からないところで一人では出来ない・・。
現地の人の協力があって成り立つ釣りなのに・・。

上流の村へは行けない。
交通手段がないみたい・・。

河は広い。なら下流か?
地図を見る限り広すぎて釣りにならない。

カショエーラ(滝)がある遥か上流のところに行かないと・・。


次に向かったのは市場。

市場

市場にはその河で獲れた魚がたくさん入ってくる。
アマパタライロン?

いた!!
アマパタライロンだ!!
タライーラに比べてデカイ・・・。

しかしこの程度か・・。
市場の人に訊くと、
「いやいや。こいつはまだ子供だ!もっと大きいヤツがいてるぞ!」

釣り出来ないだけに余計悔しいよ・・。
ボートさえ出してくれたらなぁ・・。

アロワナ

どうやらツクナレやアロワナもいる。
南米に来て初めて見たアロワナ。
しかし数が少なく、サイズも小さい・・。

なんかガッカリだよ・・。


アマパタライロンを探すことも大事だけどもう一つ大事なことがある。

これからのルートだ。

ブラジルの横に

フレンチギアナ、スリナム、ガイアナ

の3つ、ギアナ3国と呼ばれる国々がある。

これらの国で釣りして再度ブラジルに入り、アマゾン河中流域の街マナウスへ行く!!


因みに僕はこれで海外経験2回目だけどタイへは3日ほど・・。
つまり海外初経験に等しい僕がギアナ3国を国境越えして釣りをしようということ笑

要にするに・・・無謀笑

ボニートでこのことを話すと銃を構えるジェスチャーをして、僕に向けて引き金を引いた。
「銃で撃たれるぞ?死にたくなければ通るな!!」

本気で注意されたよ笑

ベレンでは「悪いことは言わない!!船でマナウスまで行きなさい!」と言われた。

ボニート以降日本人に一度も会ってない。
アマパ州は観光するところもほとんどなく、
孤立しているのでバックパッカーには人気がない。
何よりギアナ3国を通らないと戻るルートしかない。


世界一周したというバックパッカーの内、果たして何人がこのギアナ3国を通ったのか??
それほどまでに世界で有数の危険で犯罪が多い国
が並ぶギアナ3国。

フレンチギアナはまだマシらしい。
スリナムのパラマリボ、ガイアナのジョージタウン。

この2つの国の町は本当に危ない。
そして必ず通るし、泊まる予定の場所だ笑

そんな大げさなぁ~!言い過ぎだろ~!と
思う方!どうぞ!ググってみてください!


日本って思ってる以上にめちゃくちゃ平和なんですよ・・。

日本人と分かる格好で歩いたら100m内に必ず声掛けられるか何かされる・・
自販機など存在しない・・
チンピラみたいなことしてたら銃突きつけられてジ・エンド。
ヤクザやチンピラが町にいることがなんと平和なことか・・。
南米でありながら全く違う文化、歴史、そして人種のいる国なんです・・。


だからこそ!!
情報が大切!!

迷彩キーボード

この町のネット部屋にはIE以外のブラウザも用意されている!
日本語が読めるのは本当に助かる!!
ただしWifi繋げない・・。

ルートを事細かに調べ、バスの有無、バスの時間、タクシーの料金。
幸い過去に行った方々が情報を載せてくれています。
スマホなんて持ち歩けない!!銃で脅されたら渡すしかないですしね・・。
全て紙に書きました。


それにもちろん国境越えも初めてなんですよ・・。
イミグレって何?
スタンプってどこで押すの?
両替ってどうするの?

本当に何も知らなかった。


だけどこれこそリアルだし、皆様がもっとも知りたい情報だと思うのです。



しかし!!
フレンチギアナに入るのはアマパタライロンを釣ってからだ!!

話は戻り・・・

宿へ帰った。
空調などない。
あるのは扇風機のみ。

その扇風機の音がどんどん小さくなる・・。

ファン、ファン、ファン、ファ・・・ふっ・・

停電中

またか・・何度目だろう。
この町では停電が毎日のように起こる。
真っ暗だ。

けど皆気にも留めていない。
いつものことなんだろう・・。

停電や水道が止まっても動じなくなってきたよ。

とりあえず外に出て電気が戻るまで待つ。


そんなとき宿の前で、とある人に出会った。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://bazzn6541.blog.fc2.com/tb.php/41-69411335

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

drop

Author:drop
AQUA TRIPPER(アクアトリッパー)
夢を追いかけ、遂に実現!!
そこで得たことを書き綴っていきます。

管理人の連絡先
aquatripper@gmail.com

Facebook:https://www.facebook.com/#!/konishi.tatsuya.3?fref=ts
Twitter:drop @aquatripper
Instagram:DROP_AQUTRI

カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

~釣り旅動画集~

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。